CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
床ずれの原因は、体の一部が局所的に圧迫を受けて、そこから発生します。看護者にも負担となるため、基本的には、床ずれの対策としては、予防、防止が最優先です。どのような方法が良いのか調べてみました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
床ずれが発生するメカニズム
JUGEMテーマ:ブログ健康診断
床ずれは、同じ体勢で長期に居ると発生しやすくなります。

特に、なんらの理由によって、体が動かなくなり、寝たきりや座ることが多くなってくるとリスクは極端に大きくなります。

床ずれの原因として、ポイントとなるのは、長期に横になったりした場合に、ベットと皮膚が接触する箇所です。

局所的な圧力を継続的に受け続けることによって、骨とベットに挟まれてしまった皮膚細胞が圧迫を受け、血液の循環が悪化します。

そして、皮膚細胞に必要な栄養や酸素が十分行き届かなくなり、やがて細胞が苦しみだし赤色に変化してきます。

栄養が足りないだけでなく、 乳酸などの老廃物もうまく排出されません。

栄養不足と老廃物の蓄積のダブルパンチで皮膚細胞にとっては最悪の環境が形成されます。

そして、赤色の変化から始まる、床ずれの開始です。

つまり、細胞の壊死が床ずれなんです。

床ずれの予防は、この床ずれの赤みの変化が重要です。

この床ずれの出発点を上手に発見することが、床ずれの予防の第一歩といえます。


参考記事の紹介。
このサイトには床ずれの予防や発赤について詳しく記載されています。
床ずれの予防に重要 早期発見
(この記事では、床ずれを早期発見するためのポイントがまとめてあります。)

床ずれの予防 皮膚の赤み
(床ずれの発見のポイントである皮膚の赤みとおむつかぶれの見分け方があります。)

床ずれの危険度チェック(発生リスク)
床ずれへのなりやすさを判りやすい危険度チェックポイント式にしています。



| 床ずれの環境対策 | 11:24 | comments(28) | trackbacks(0) | pookmark |